Neo style

K&Neo のギタリスト、ネオの独り言♪

素晴しいイス移動🎵

isu2.jpg



長野生まれ



東京育ち



これまでいったい何人の人が座って来たんだろー?という感じですが



依然として現役バリバリで活躍中です



当分の間 水戸スタジオ勤務になりました(笑)



よろしくお願いします



isu3.jpg








*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
K&Neo's cannel
YouTube

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ギターレッスンのお問い合わせは
neonyc@rocketmail.comまで♪
メールお待ちしています(^^)b
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
FC2ブログランキングに参加中!
応援クリックお願いします!
banner
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

  1. 2017/07/18(火) 22:56:57|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素晴らしいイス🎵

isu-crop.jpg




2006年



東京千駄ヶ谷に小さなレッスンルームを開設した



翌年からのNYチャレンジのため



残念ながら長く使うことにはならなかったけど



手作りのキレイなレッスンルームだったよ



シンプルな部屋に ぽこんと置かれていたのが この2つのイスで



当プログにも度々登場する長野の友人が作ってくれたもの



10年以上も毎日使われて来たのに全然ヘタってないどころか



レザーの若干の色落ちや木の微妙な焼けが また良い味を出してるって感じだね



気持ちのこもった「もの」の存在感って何とも良いモンです



何をするにも



ただ流れでやってしまうのと



気持ちを込めて向かうのとでは



出てくる結果がゼンゼン違っちゃうんだよね



今までも



これからも



感謝を持って
常にベストを尽くす




このイスを見ていて気持ちがシャキッと あらたまったNeo先生でありました








*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
K&Neo's cannel
YouTube

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ギターレッスンのお問い合わせは
neonyc@rocketmail.comまで♪
メールお待ちしています(^^)b
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
FC2ブログランキングに参加中!
応援クリックお願いします!
banner
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

  1. 2017/07/12(水) 22:49:14|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今回のテーマ♬

mt 2017may



毎度おなじみ 水戸レッスン


相変わらず皆さんヤル気満々でございました


さてさて今回気になったテーマのひとつに



テンポキープ

走りとモタリ

グルーヴ




などがあって


この辺悩んでいる人も いるかもしれないので書いてみますね


バンドなど 楽器が2つ以上あるアンサンブルの中で演奏する場合にはムッチャくちゃ大事なテーマです








さてさてメトロノームに合わせて練習する時でも



バンドのメンバーと合わせる時でも



相手の音を聞いてから弾いたのでは自分の弾くタイミングが必ず遅れちゃう



それでは永遠に合わせることができない



例えばメトロノームに合わせる場合



まず初めにメトロノームの音を聞きます



次にそのテンポを自分の体の中に入れ メトロノームとピッタリ一緒になって 体のどこかでそのテンポをキープします



首を振る



足でカウントする



頭の中で数える



空ピックする右手で感じる



方法は何でもOK



2小節あるいは4小節聞いて メトロノームとピッタリ同じテンポが体に入ったら そのテンポに合わせて弾き始めます



メトロノームの音を聞いて弾くのではなく



メトロノームとピッタリ同じに鳴っている自分の体の中のメトロノームに合わせて弾く



そこがポイントです



このテンポを体に入れると言う感覚が分かると 合わせるのはカンタン



例えばメトロノームを4分音符で鳴らし



全く同じ4分音符や8分音符などで弾けば



ビシッと合うと メトロノームの音は全く聞こえなくなります



ちょっとでもズレると メトロノームの音と自分の音 両方が聞こえるのでスグ分かります



やってみて(^O^)







*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
K&Neo's cannel
YouTube

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ギターレッスンのお問い合わせは
neonyc@rocketmail.comまで♪
メールお待ちしています(^^)b
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
FC2ブログランキングに参加中!
応援クリックお願いします!
banner
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

  1. 2017/06/06(火) 23:09:05|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bass Lesson 🎵

bass.jpg



今回はめずらしいベースのレッスンです (^_^)v


しっかし 教えることは学ぶこと


それはいつもいつも感じるなー


弦をおさえてはじくだけなのに


ホント奥が深いねー





さて今回のテーマは3つ


1つ目は右手


楽器が気持ち良く振動するようにシッカリと鳴らしてあげること


その辺は言葉ではナカナカ伝えにくいコトなんだけど レッスンでは音で示すことができるから理解してもらいやすい


初めはスッカスカの細い音で弾いていた彼も すぐポイントをつかんで シッカリした音が出るようになってきたよ





2つ目は左手


指板との位置関係や 指の運び 脱力など 押さえ方のポイントを指導


この辺は指の柔軟性も関係あるから すぐに思い通りにはならないかもしれないけど


何も考えずに弾きにくい方法でやっているより


今はまだ出来なくても より良い形を知って それを目指している方が結果はずっと良くなる


つまり早く上達するんだ





そして3つ目は両手のタイミングとミュート


彼は最初 おさえてから弾いたり 弾いた後におさえたりしていて 両手のタイミングがバラバラ


それじゃマトモな音が出るわけない


コレも実際に弾いて見せてあげると理解が早く


タイミングが合うだけでスパァーンと音が前に出て来ることが理解できた様子


そして弾いたあとはシッカリと音を伸ばす練習


弾くタイミングはみんな注意するけど 音が消えるところはオロソカだよねー


上手な人は🎵の長さの管理も上手


音符の長さひとつでグルーヴが生まれたり


反対にツマラナイ音の羅列になったり


音が消える部分ってとても重要なんだ


と言うわけで・・・


あっと言う間の2hでした








*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
K&Neo's cannel
YouTube

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ギターレッスンのお問い合わせは
neonyc@rocketmail.comまで♪
メールお待ちしています(^^)b
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
FC2ブログランキングに参加中!
応援クリックお願いします!
banner
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

  1. 2017/04/01(土) 01:33:41|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水戸レッスン 2017

mt 2017



今年はゆっくりスタートしました水戸レッスン

皆さん相変わらずヤル気まんまんでスゲェなーと思ってしまいます

フと思ったんだけど 理想と現実のギャップってのは必ずあるみたいだよね

例えばエレキ

有名なあのギタリストのように…自分のイメージの中では速くスムーズに弾けてる

しかし現実は…

左右の手のタイミングがバラバラでしっかり音が出ていなかったり

ミュートが甘くてノイズが出まくりだったり

だいぶ理想のイメージからは遠そうなんだけど

夢中になっている ご本人は中々そのことに気づいていなかったり…

その辺はもう性分の領域なのか?

シッカリ自分の現状を見極めてベストなやり方やテンポで上手に練習できる人と

もっとゆっくり~とアドバイスするそばから速く弾いてミスを連発しちゃう人がいる

面白いことに ミスをするとその次の回も また同じ所でミスをする

そーすると そのまた次の回も またまた同じ所でミスしちゃう

そう

これまでにも何度も書いたけど ソレってミスをする練習をしている ことになっちゃってるんだよね

だから ミスをしないで一定のテンポで弾けるくらいまで テンポ自体をゆっくりにする

今自分が何をやっているのか?

次の音はどれか?

楽器を鳴らし切った良い音が出ているか?

そーいうことをちゃんと認識しながら弾き進められるくらいの余裕があるテンポまで下げる
コレ本当に大事なんだね

例外としては 速く弾いた時の状態に指や感覚を慣らすために 音を弾き飛ばしても良いからテンポを上げて行くと言う練習方法もあるけど

基本は一定のテンポノーミスしっかり楽器を鳴らす

それに尽きます

オレもそういう練習をたくさんやって来たし 今でも変わらずやってます

それこそがとても大事な練習なんだよね

ホント やってもやってもギターはムズカシイ




ね(^_^)a








*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
K&Neo's cannel
YouTube

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ギターレッスンのお問い合わせは
neonyc@rocketmail.comまで♪
メールお待ちしています(^^)b
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
FC2ブログランキングに参加中!
応援クリックお願いします!
banner
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

  1. 2017/02/09(木) 22:07:31|
  2. レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad